SUPPORT

YAMAIのお洋服をより楽しんで頂く為に
長く良い状態で着て頂く為に少しだけ気を付けて頂きたいこと

お洗濯について

◎できるだけ中性洗剤をご使用下さい
一般的な洗剤でもご使用頂けますが色落ちがよりゆっくりとなりますので長く色を楽しめます

◎特に藍染めは色が移る場合がございます
最初の2〜3回は単独またはデニム等色移りが気にならないものと洗って下さい

◎蛍光剤や漂白剤は使用しないで下さい

◎お洗濯後は陰干しして下さい

保管について

◎直接日光が当たるところは日焼け退色の原因となります

◎しまうときは日陰にお願いします

◎藍染めのお洋服はたまに思い出しが必要です
着ないシーズンも1〜2か月に一度は水ですすいであげて下さい
日焼けや藍のアクがすすがれ(水が黄ばみます)、すっきりとした色を長く楽しんで頂けます

縫製糸について

◎天然染料での製品染めのお洋服はほぼ綿の糸で縫製しています
ポリエステルの縫製糸に比べ、強度では劣りますが、同じように色が変化し、再び染めることを優先し綿糸で縫製しています

草木染のお洋服について

◎草木染したお洋服は柑橘果汁に反応し色落ちすることがあります
ついてしまった場合には部分的にでもすぐに洗い流して果汁を落として下さい

◎年月と共に色がゆっくりと退色、変化していきます
独特のなじみによる風合い、時間を共に重ねることにより自分だけの色になる「育てる服」としてお楽しみ下さい

◎たくさん着て頂いて、再び染め直して違う色で楽しんだり、買って頂いた時の色に近づけたりも出来ます
(有料の染め直しとなります)

YAMAI ペルー産オーガニックコットン使用製品の
素材特性(コンタミ)に関しまして

超長綿発祥の地と知られるペルー北部のランバイエケ県で栽培されているこのオーガニックコットンは、高級綿として名高い希少なペルーピマコットンです。

ここでは、アメリカなどの大規模農場のように機械で一気に収穫するのではなく、他の多くの綿花栽培地域同様、ひとつひとつ人の手によって摘み取られています。

現場を視察すると、慣れた手つきで素早く収穫いていきますが、綿カスなどが極力混じらないように注意を払っていることが作業の随所に見受けられ、収穫する袋も生成りの綿布製のものを使用するなどといった工夫もされています。

しかしながら、収穫時はもちろんのこと、トラックに積み込んで収集する際やジニング工場で綿繰りを行う際など、何かと人の手によって作業される場面が多々あり、どうしても一定のコンタミ(飛び込み)のリスクに晒されてしまいます。

これらのコンタミの多くは色のついた繊維片であることが多いのですが、一般的には、収集する袋や途中で混入した夾雑物、農家や工場の従業員の衣服などに由来するものが多いと考えられます。

その多くは紡績の前工程で除塵されますが、取りきれなかったものは小さな繊維片となり攪拌され、一定の範囲に散らばったまま糸になります。

最終的に染色を施したりすれば目立たなくなってしまう場合が多いですが、生成りの製品ではどうしても目立ってしまうため、どうしても生地の表情に出てしまします。

尚、機械で収穫する場合はそれらのリスクは軽減されますが、手摘みコットンは繊維を痛めないといったメリットもありますし、生成りの製品には染色した生地には絶対に出せない抜群の肌触りがあります。

手摘みコットン及び生成りの製品には、このような特性が御座いますが弊社ではその特性を意匠の一環として取り入れます。

機械ではなく、人の手によって摘み取られてたコットンの風合い、着心地の良さを十分にお楽しみください。